×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

灰羽連盟 Blu-ray BOX 発売記念

幸せの果実 第零話

【雪・別れ・砂漠】
 あたしには大切な人がいる。いつも一緒にいてくれる人がいる……。
 白い雲が落下してきたような大雪の中、いつものように彼女はあたしを導いてくれていた。
 握る手からは、優しい温もりがあふれてくる。雪が体温で溶け、冷水になろうとも、その温かさは消えなかった。あたしが凍えてしまうのを守ってくれているんだと思った。
「ねぇ」
「なぁに?」
「あたしたちはどこへ向かっているのかな」
「分からないから歩いているのよ」
 答えはそれだけ。だけど、彼女の優しい声音は、あたしをうなずかせるには十分すぎるほどだった。
「ねぇ」
「なぁに?」
「……ずっと一緒だよ」
「ええ、もちろん」
「約束だよ」
 ずっと前にも同じ約束をしたような気がした。いつだったかは思い出せない。だって、昔のことなんて何も思い出せないんだもの。
 ただ彼女のことが大切。それだけは変えようのない真実だってことは、あたりまえのように心の中に刻み込まれていた。
「……んね」
「え? なに?」
 あたしは、彼女が突然口ずさんだ言葉を聞き取れなかった。
 すると、いきなり突風が吹いた。吹雪は、雪の弾丸のように襲いかかり、目を開けることすらままならない。
 ようやく吹雪が収まった時、あたしは大きな違和感を覚えた。
 さっきまではあった、彼女の手の温もりが消えていた。
 彼女の手はそこにはない。当然、彼女の姿もどこかへ消えてしまった。
 雪は涙のようだ。冷たくて切なくて、その身を凍らせてしまった空の涙。
 あたしの涙も凍ってしまうほどに冷たいんだろうな。
 でも、その涙はどんどんと枯れていくんだ。だってほら、地面は砂だらけ。一面果てのない砂漠なのだもの。
 空からは絶え間なく雪が舞い降りる。その儚い命を散らすように地面に吸い込まれて、しみとなることもなく幻のように消える。
 あたしの涙だって……。
 いつの間にか枯れてしまって。
 ただ、彼女に会いたいという思いだけが、砂漠の熱のように、熱く心の奥底でメラメラと燃えていた……。

【雪・闇の底・花】
 いつも彼女の手を握っていた。思い出せないけど、きっとそれは、ずっと昔からあたりまえのようにしてきたこと。
 わたしが守ってあげなくては。そうしなければ、彼女は親鳥をなくした雛のように、孤独に病み、弱り果ててしまう。
 白以外の色がなくなってしまったような雪原の上で、彼女の問いに優しい声で答える。
 彼女がどう思っているのかは、握られた手の強さで分かった。わたしが彼女に声を発するたび、その圧力はほんの少しだけど強くなる。そのたびに、たよられていることを実感して胸が熱くなる。
 でもそれは、つかの間の幸せなんだと分かった。わたしはもうすぐ、ここから離れなければいけない。彼女の手をいつまでもつないではいられない。
 そんな予感が、既視感として頭をよぎった。そして、これはきっと本当のこと。
 だけど、わたしはそれを隠した。
「ずっと一緒だよ」
「ええ、もちろん」
 それはもっとも残酷な嘘だったのかもしれない。
 そしてわたしは、罪の意識に耐えられなくなる。
「ごめんね」
 呟き、私の手は離れていった。
 また一人になってしまった。
 彼女がいなくなってから気づく。支えられていたのはわたしの方だったのだと。
 胸の中に大きな穴が開いたような、そんな気持ちだった。
 雪は降り止む気配がない。その勢いはむしろ増していく。
 わたしは雪原の上で横たわり、ただ自然のなすがままに従った。
 身体が雪に埋もれても、わたしはずっと白い天井を見つめていた。
 呼吸ができなくなることも、身体が凍ってしまうこともなかった。
 はやく楽になりたかった。
 白の天上は厚みを増して、やがて光は届かなくなる。
 深い深い闇の中。わたしはずっとここで生き続けるのかしら。
 そんなの……いや……。
 涙が頬を伝った。雫は、やがて一粒の雨となって、雪のほんの一部分を溶かした。
 雪が溶けた場所に、かすかな光が見えた。蛍の放つ光のように淡く鮮やかな光。
 そっとなでるように雪をどけると、そこには一輪の花が咲いていた。
 こんな場所にあるはずのない花。光り輝くそれは幻想か。
 綺麗な花だった。いとおしげに触れてみる。しかし、その瞬間、花は命を吸われていくかのように枯れていき、先の美しさが、今は見る影もない。
 どうして……。
 今度は、まるでその花がよみがえったかのように、次々と光り輝く花があちこちに咲いた。
 こんな狭い空間なのに、と疑問を抱く暇もなく、また新しい花々も枯れていった。
 花は断末魔の叫びのような声を上げた。
「お前が枯らしたんだ」
「お前が」
「お前が殺したんだ!」
「枯れちゃうよ。助け……」
「なんでこんなひどいこと……をする、の……」
「いやだ。さわらないで!」
「……」
「……」
 咲いては枯れ、咲いては枯れ、花々のうらみつらみが耳の中をこだまする。
「やめて」
「お前が止めるんだ!」
「そうだ、……でしまえ!」
「いやぁぁぁーーーーー!」
 花々が私を包み込んでいく。枯れてもなお、その元凶の息の根を止めるために。そして、やがてわたしの意識は、先よりもさらに深い闇の底に沈んだ。

作者 樹 さん
作者ホームページ うたかた書店

あとがき

ダークファンタジー好きゆえに、あんなことになってしまったのですが、話が進むに連れて救われる話になっていく予定です。
しばらくは、すこし暗めの話が続きますが、読んでいただければ幸いです。
途中で、ほとんど独立した短編も書きますので、この鬱展開が苦手な人は、後の作品のみご覧になられると良いかもしれません。
大好きで大好きでたまらない灰羽連盟。稚拙ながらもその後日譚を描け、こうして公開させてもらえることだけでも幸せでなりません。
さらに多くの人たちが、グリの街、そしてオールドホームの灰羽たちを愛することを祈って……。


お願い:無断転載はやめてね。オリジナルのテキストファイルはこちらをクリックしてください。