×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

灰羽連盟 Blu-ray BOX 発売記念

瓦礫 線路 忘れた夢

わたしたちは旅をしているのです。
ながいながい、終わりなどない旅を。
道は幾重にも分かれ、果てなどまるで見通せません。
それでもわたしたちは歩き続けるのです。


どこへ向かっているの?
ここはどこ?
やがてたどり着いたのは一面まっくらやみの世界。
誰もいない。
わたし一人だけ。


彼女は果たして道をあやまってしまったのでしょうか。
見通せぬ道を、彼女の意思で歩み、たどり着いた場所。
そこをあやまちの地と呼んでも良いのでしょうか。
ちがいます。
彼女は自らその道を選び取ったのですから。
それは、ただ一つの彼女の答えなのです。


助けて・・・・・・
助けてよ・・・・・・
誰か・・・・・・たすけ・・・て。


その声を聞きとめるものはおりません。
夜の世界は真空のように音を響かせず、むなしく幻と消えるだけ。
その声が、もしまだ道が見渡せる時に発せられたのならば、
あるいはだれかがその声をたよりに、彼女のもとへとかけつけたかもしれません。


一人歌う。
どこへも届かない歌。
誰もほめてくれない・・・・・・
元気を出そうとして歌った歌は、逆にわたしをむなしく切なくさせる。


涙でぬれた土。
そっとなでてやると、それがもとで命を引き取ったように、もろくも崩れていきます。


ここはどこだろう。
あたりは瓦礫ばかり。
街を埋め尽くしていた建物が全部壊れちゃったみたい。
おおきなこどもが暴れて、おもちゃをこわしてしまったのかも。
・・・・・・うん。歩こう。


彼女は少しでも楽しいことを考えようとし、また歩き出します。
そして彼女は見つけました。
うすぼんやりと黒い海に浮かんでいるような線路を。
どこか遠くから届く淡い光。
それに照らされた線路の上を彼女はたどっていきます。


呼んでいるの?
だれかいるの?


人形が操られるように、彼女はふらふらと光のもとへと進んでいきます。
そして彼女は立ち止まりました。


あれは・・・・・
そうか、わたしを迎えにきたんだね。
罪人のわたしを轢(ひ)きに。


おぞましい化け物のようなそれは、かすかに列車の影を残していました。
世界の終わりのような叫び声をあげて、ゆっくり、ゆっくりと近づいてきます。
彼女は魅入られたように、その禍々しいものを見上げていました。
わずかに姿をのぞかしていたヘッドライトは、いつのまにか化け物の体内に飲み込まれ、


目の前は
やがて暗く
世界の
すべてが
のみこまれて・・・・・・

ここは?
海の中みたいに心地よい。
海を包む壁はあふれんばかりの光を放っている。
それにくらべ、わたしのまわりはその光を食べているかのように暗い。
あの光を求めて、手をのばす。

頭がぼうっとする。
なにか恐ろしい夢を見ていたような気がした。
瓦礫の中を、一人歩いて・・・・・・
あれ? そのあとは・・・・・・なんだっけ?

体が動かない。
頭が焼けるように熱い。
やがてその熱は、背中にまで伝わって、それはすぐに猛烈な痛みへと変わる。
痛い。
背中が。
あぁ!!


そして彼女は気を失いました。
背には灰色の羽。
付け根は黒く淀み・・・・・・

彼女が目覚めるのはまた先の話。
彼女の声を聞き届けるものと出会うのも、また・・・・・・先の話。


(了)

作者 樹 さん
作者ホームページ うたかた書店

灰羽連盟Blu-ray BOX発売がうれしくて、それに関連した小説を書いてみました。
はじめはまったく気にしないで書いていたのですが、途中から「あ、なんかこれってレキみたい」と思い、
それからは一気に書き上げました。

多分に自己解釈を含みますので、オマージュと二次創作の中間として受け取ってもらえばよろしいかと思います。
書いた自分自身よく分からない迷作ですが、ご一読していただければ幸いです。

こうして様々な人が灰羽連盟を愛しているのをみると、やはり素晴らしい作品だったんだなぁと再確認できます。
私が灰羽連盟を知ったのはつい最近のことです。
新参者ですがよろしくおねがいします。


お願い:無断転載はやめてね。オリジナルのテキストファイルはこちらをクリックしてください。